TO UNDERSTAND IS TO PERCEIVE PATTERNS

Posted on 木曜日, 2月 14th, 2013 at 11:07 PM
Tagged with: , ,

“To understand is to perceive patterns.”

Of course what this means is that true comprehension comes when the dots are revealed and you get Steven Johnson’s long view when you see the big picture.

This is the idea about patterns, patterns, patterns– recurring patterns across different scales of reality.
Paul Stamet talks about the mycelial archetype and how the information sharing systems that comprise the Internet look exactly like computer models of dark matter in the universe, look exactly like the neurons in a brain.
They all share the same intertwingled filamental structure.
It’s the rise of networkism as big data advocates talk about how man-made systems are looking exactly like natural systems.
The more we can measure, the more we can visualize. The more we can visualize, the more expands our consciousness by seeking recurring patterns across scales of reality.

It blows my mind, and I think that technology increasingly is becoming an expander of human consciousness.
It expands our thought, reach, and vision in revealing so much more. It’s like whereas once I was blind, now I can see.

Geoffrey West from the Santa Fe Institute is telling us that cities are really like organisms. Alleys are like capillaries.
How is it possible that a man-made artificial technological system is behaving like a natural system? The more efficient it becomes, the more it’s starting to look like major, really interesting, weird stuff. But it makes me optimistic.

It’s like when Steven Johnson says, “If we can understand all this stuff, “anything becomes possible.”
Right? It’s the adjacent possible standing as a sort of shadow future, a map of all the ways the present can reinvent itself.

It’s– [sighs] It’s beautiful stuff.

Created by NOTTHISBODY and JASON SILVA

“理解をするというのはパターンを知覚するという事。”

当然これが意味する事とは、真の理解というのは点が明らかにされ総括的な展望を見たときに、スティーブン・ジョンソンの”長期的展望”を得るということです。
これはパターンについての考え方である。
現実の異なる規模全域で繰り返し発生するパターン。
ポール・スタメットが菌糸体の原型や、インターネットを含む情報共有システム、それに暗黒物質のコンピューターモデルが、脳の中のニューロンと殆ど同じだと話していました。
これらは全てからみ合った糸状態の構造を共有しています。
台頭する巨大情報主張者であるネットワーキズムがどの様にして人間が自然のシステムとそっくりなシステムを作ったか語っている。
私達はもっと測る事ができ、私達はまだまだ視覚化する事ができる。
私達はさらにもっと視覚化する事ができ、現実の異なる規模全域で繰り返し発生するパターンを探ることでまだまだ意識が広がる。
それは私の意識を吹き飛ばす、私が思うにそのテクノロジーはますます人類の意識を広げるものとなってきてる。
それをもっと明らかにすると私達の考え、適応範囲、見通す力を広げてくれる。
それはまるで一時は盲目であったのに、今は見ることが出来る事の様だ。
サンタ・フェ協会のジェフリー・ウェストは私たちにこう言っています。「都会とは実に有機的だ。路地はまるで毛管現象のようだ。」
人造の技術組織が自然の組織のように機能するなんてどうすれば可能なのか?
それはもっと有効になってきている、もっと重大になり始めている、実に興味深い不思議な物事だ。けど、それは私を楽天的にしてくれる。
まるでスティーブン・ジョンソンの言う「もし、私たちがこれらの事情を全て理解できたならば全てのことが可能になるだろう。」の様だ。
いいかい?それは一種の見えない未来のような隣接した持続的可能性ですべての方法の地図 即ち現在こそがそれ自体を徹底的に再構築することができるのである。
それは…ハァッ!それはすばらしい事だ。

Created by NOTTHISBODY and JASON SILVA

LINKS

Geoffrey WEST on The sameness of organisms, cities, and corporations:
blog.ted.com/2011/07/26/qa-with-geoffrey-west/
Steven Johnson’s LONG VIEW
nytimes.com/2006/10/08/magazine/08games.html?pagewanted=all
dumbofeather.com/blog/post/on-slime-molds-and-sewage-steven-johnson-s-origin-of-the-idea/
guardian.co.uk/science/2010/oct/19/steven-johnson-good-ideas?cat=science&type=article

Similar Posts

    TO UNDERSTAND IS TO PERCEIVE PATTERNS
    Return to the Sea: Saltworks by Motoi Yamamoto
    WHERE GOOD IDEAS COME FROM by Steven Johnson
    THE BEGINNING OF INFINITY
    Dr. Michio Kaku: About Future Civilizations
    Human Design
    TED | Feed your Brain
    You are a RCVR
    Time is Nothing // Around The World Time Lapse
    The Light of Life
    AI vs. AI.
    GAIA SYMPHONY | ガイアシンフォニー

Recent Posts

    電子山 2014
    WHERE GOOD IDEAS COME FROM by Steven Johnson
    ALCHEMY by Willow Beats
    The Foreigner by KRTS
    Unseenmachine
    Temple Step Project

Leave a Reply