THE BEGINNING OF INFINITY

Posted on 火曜日, 2月 5th, 2013 at 7:55 AM
Tagged with: , ,

“I am very much an optimist.”

reminded of Richard Doyle’s line from Dawin’s Phamacys.
he says,”dreams do not lack of reality they are real pattern of information.”
the imginaly foundation say’s that role of human imagination is to conceive of all these delightful futures.
choose the most amazing, exciting, and ecstatic possibility.
and then pull the present forward to meet it.
that is what we do.. we.. we bring our imaginings into existence.
but i think that as technology has advanced,
we have fond ways to outsouce our mental capacities to our tools so much more,
our ability to manipulate the phisycal world has increased in an exponential fashion,

so we’ve been able to shrink the lag time between our imagining and their instantiation in the real world.

David Deutsch speaks in his new book, the biginning of infinity.

he says “if you look at topography of the island of Manhattan today.
That topografy is a topography in which the forces of economic and culture and human intent havetrumped the forces of geology.”

I mean, the topography of manhattan today is no longer shaped by mere geology;
it’s shaped by human mind. and by economic and by culture.

so what David Deutsch extrapolates is that ultimately that will be the fate of the whole universe.

he says gravitation and antimatter might only shape the universe at its earliest and least.
but eventually the whole entire things will be subject to the intent of substrate-independent,
infinitly more powerfull minds.

and to conceive of that just whoo it makes me feel ecstatic.

By @jason_silva and @notthisbody – Follow us on Twitter!

“私は非常に楽天主義者である”
リチャード・ドイルが書いた『ダーウィンズ ファーマシー』の一文を思い出します。
彼は言いました。「夢とは現実味の無いものではない、 それらは情報の本当の型なのだ。」
イマジナリー ファウンデーションは、「人間の想像の役割とは、すばらしい未来を抱くことなのだ」と言っています。

最も驚くべきで、最も刺激的、最も無我夢中になる可能性を選びましょう。
そして、それを現実化しようと引っ張り出すのです。
それが私たちが行うことです。 私たちは想像を実体化さすのです。

それがテクノロジーを進めたのだと思います。
私たちは知的能力を機械に委託する方法をたくさん見つけてきました。
そして物質界を操作する能力は流行指数的にも上がって来ました。
このように私達は想像を現実世界に裏づける時間を縮めることが出来るようになってきたのです。
デビット・ドイッチュは彼の新しい本『ザ・ビギニング オブ インフィニティー』でこう言っています。

「もしあなたが今日のマンハッタンの地形学を見てみたら、
その地形学は経済や文化の力や、人間の意図が地質の力に勝っている構造なのです。」

つまり、今日のマンハッタンの地形学は、もはや単なる地質学によって形作られていません。
それは人々の考え、そして経済や文化によって形付けられているのです。

したがって、デビット・ドイッチュが推定することは、結局、それが全体の宇宙の運命になるであろうということです。

彼は言うには「重力と反物質がおそらく初期の段階の宇宙を形作るっているのだろう、
しかし結局すべての事柄は自由な気質の意志、無限の創造的思考力にしたがっている。」

そして それを想像するだけで。。。フゥ~~ッ! 私を無我夢中にさしてくれる。
By @jason_silva and @notthisbody – Follow us on Twitter!

A collaboration of /Jason Silva and /Notthisbody incorporating

/elliottsellers

/flight404

/dangoods

/proxelltv

/kimpimmel

/undream

/brighteyecinema

/hsgn

/beeple

/cerealspiller

/Tim Borgmann

/Shawn Knol

/Andrew Filippone Jr.

/Felix Norton-Barsalou

/Daniel Zagórski

/urbanintdesign

camera by Edwin Rosero

Similar Posts

    THE BEGINNING OF INFINITY
    WHERE GOOD IDEAS COME FROM by Steven Johnson
    TO UNDERSTAND IS TO PERCEIVE PATTERNS
    Dr. Michio Kaku: About Future Civilizations
    Human Design
    TED | Feed your Brain
    The Light of Life
    You are a RCVR
    AI vs. AI.
    GAIA SYMPHONY | ガイアシンフォニー
    James Jean
    Moebius-Jean Giraud

Recent Posts

    電子山 2014
    WHERE GOOD IDEAS COME FROM by Steven Johnson
    ALCHEMY by Willow Beats
    The Foreigner by KRTS
    Unseenmachine
    Temple Step Project

Leave a Reply